2011-09-20

【転載】ソーシャルメディアで誕生日コメントをもらったりすると腕時計の電池が切れるのか?

※ブログ開設前のFacebookノートからの転載です。



ソーシャルメディア上の誕生日コメントが苦手で過去には誕生日が近付くと日付を変えたりしていた引っ込み思案の私です。

が、昨日は思いがけずたくさんのコメントをいただいてしまい、自身のソーシャルメディア人生にとってイノベーティブな日になりました。w

ウォールに一件だけ御礼コメントを書きましたが、改めてこちらで御礼させていただきます。

\ありがとうございました!/

とは言え、今後皆さんのところに書き込みに行けるような勇気が持てるかというとそこはまだきっと無理なので、もし「誕生日おめでとう」のギブ&テイクをお求めのお客様にはお応えできないと思いますので悪しからずご承知置きくださいませ。

46歳になったというのにまだまだガキの心を忘れない、そんな私の近況です。

・14日(水)
ただの老眼だと思ってたら視野が突然狭くなったので終業後に恵比寿の眼科へ。
「網膜剥離で緊急手術よ!」との診断で浅草の名医を紹介してもらうこととなり、翌朝一番の診察依頼をFAXしていただきました。

・15日(木)
9時の開院目指して浅草へ。午前中いっぱいの検査を経て、そのまま12時頃から緊急手術。
点滴の針が痛い⇒局所麻酔が痛い⇒術中も痛い
時にはウッと呻きつつ歯を食いしばり手足を突っ張りながらも「ヒーヒーフゥー」の要領で何とか泣かずに頑張り、およそ1.5時間ほどでオペは無事終了となりました。
眼帯っつうかでっかいガーゼで守られた右目を守りながら帰路に着きますが、下記のような術後の制約を考えると足取りが重くなるのでした。
・一週間は洗髪・入浴禁止 → 患部にバイキン入ったらアウト
・二週間はアルコール禁止 → 色んな意味でアウト

・16日(金)
術後翌日の検査で執刀医とは違うドクターに「バッチグゥー!」と言われて安堵。
当然ですが、失明のリスクもあることにはあるのが網膜剥離とそのオペですから、末っ子が小2という我が家のこれからを想像してそれなりにナーバスになっていましたので、やはりオペになれたドクター・医院を紹介してもらって正解だったなと思います。
ちなみに、亡き母が国立病院の看護士だったせいもあってか、インターンのモルモットにされる私学の大学病院が嫌いでして、今回のドクターも東邦大学で名を馳せたと聞いて一瞬たじろぎましたが、定年待たずに独立・開業し、入院はできないけどオペ設備だけは揃えたってところに意気を感じて身を委ねた次第です。
検査後は眼帯も外れてそこそこ視力も出ていましたが、花粉症のような状態で涙ボロボロだったものですから、オフィスにはPCだけピックアップしに立ち寄ったもののお休みをいただきました。

\★ここで2007年に購入した腕時計の電池が切れました!★/
ということで、誕生日コメントと電池切れには直接の因果関係はないものの、遅れてきた厄年とでも言いましょうか、何となくここ4年ばかりのあれやこれやが吹っ切れたんだと思いたかった私がいますので、本エントリーのタイトルとさせていただいたというわけです。

・17日(土)、18日(日)、19日(月) ← ココがバースデー
ニュースチェック&配信程度の作業は行えましたが、やはり涙ボロボロはそう簡単に収まってくれないわけでして、目薬さしつつ安静第一の連休となりました。
ちなみに19日(月)は『洗髪禁止』の禁を破り、『バイキンが入らなければよい』ということで洗髪&シャワーを敢行!
目には水泳用のゴーグルをかけ、患部の守りをバッチリ固めた上での強行であります。

そして本日20日(火)も連休中の経過を診るため診察にきているわけですが、何せそこは名医の眼科です。

10時の予約時間にJITしたものの30分ほどの待ち時間を経て視力や眼圧の検査があり、そして12時になろうとする今、ドクターの診察を待っています。

きっと近々に本エントリーの補足というか後日談を書くことになるとは思いますが、そこはそれ、未来は決められた通りには動かないということで。。。

そうそう!
30年前にコンタクトレンズをつくった時にも新宿の名医に言われたような気もしますが、どうも私は網膜が薄いようで、今回も診察の2週間ぐらい前から視野に光が出るような症状が出てました。
「そう気づいた時に診察に来ないとダメ!」って恵比寿のドクターに叱られたところでもあるので、特に眼科分野に関しては「怪しいな?」と気づいたところでスグに診察を受けるようにしましょうね。

網膜剥離 - Wikipedia
網膜剥離(もうまくはくり、英: Retinal Detachment)は、目の疾患の一つ。網膜から神経網膜が剥がれることにより、視力・視野を失う病気。
この項では特に断りがない限り裂孔原性網膜剥離について記載している。